温泉は体も心もリフレッシュするための空間です。皆が気持ち良く利用できるためのマナーを心得ましょう。

温泉はマナーを守って気持ち良く入ろう

温泉はマナーを守って気持ち良く入ろう

温泉はマナーを守って気持ち良く入ろう

温泉が好きな人は多く、遠くまで温泉旅行に出かけたり、近場でも家族や友人と行く方も多いと思います。温泉は体も綺麗になりますが、心もリフレッシュできるいわば癒しの場です。訪れる人皆が気持ち良く利用するためには、温泉でのマナーを心得ておく必要があります。まず、温泉には各施設で利用方法があると思いますが、基本的にはバスタオルを巻いたり水着は着用できず、湯船の中にタオルをつけることも衛生管理上禁止されていることがほとんどです。また、髪の長い人は湯船に浸かるときにはゴムやヘアクリップでまとめておくのがマナーでしょう。

そして、家族や友人と一緒に来て楽しく会話が弾むこともありますが、声の大きさには十分注意しましょう。せっかくゆっくりくつろいでいるのに、他者の大きな会話で気分を害することもあります。特に露天風呂では風や鳥の声、雨音など、自然の音に静かに耳を傾けるという魅力もありますので、目を閉じて耳を澄ますとより一層開放感を感じることができるでしょう。そして、打たせ湯や桶風呂など、利用できる人数が限られているお風呂は独占せず、周囲に気を配って利用するよう心がけましょう。自分が気持ち良く温泉を利用したいのであれば、自分からマナーを守って利用することが大切です。

Copyright (C)2015温泉はマナーを守って気持ち良く入ろう.All rights reserved.